お知らせ


2005.12.25 (Sun) [長年日記]

[萌え]Victorian Cafe Emily訪問

復活したVictorian Cafe Emilyを訪問中なのです。リニューアル前にも1回訪問していますので、これで2度目になります。はぁ〜、やっぱり本格的なメイド喫茶は素敵なのですよ〜(* ̄∀ ̄)

今日はチョコチップのスコーンとオリジナル紅茶「水銀燈」をいただいているのであります。

オリジナル紅茶「水銀燈」はアールグレイをベースにブレンドした紅茶でした。おいしゅうございましたが、ポットに茶葉が入っているのは、やっぱりいただけないのですよ(涙)

オリジナルブレンドは「水銀燈」の他に「深紅」があり、「翠星石」「金糸雀」が準備中だとか。全部合わせて「紅茶姉妹」だそうです。って、ローゼンメイデンぢゃないか(笑)

さて、メニューですが先のオリジナルブレンドの紅茶のほか、ダージリンなどの正統派紅茶やフレーバーティーと色々揃っております。コーヒーもエスプレッソを始め、こだわりの豆を使ったコーヒーもあるようです。その分、他の喫茶店に比べお値段が若干高め(600〜1000円)です。が、どれもこだわりの銘柄(直輸入品)を使用しておりますので、損はないと思います。むしろ、その辺のコーヒーショップで出される、ディーバッグで300円〜400円も取られる紅茶のほうがぼったくりだと感じるんですが……

フード系はリニューアル前にあった食事系メニューの殆どが姿を消し、スコーンなどのお茶請けのみとなっています。ちなみに、スコーンの付け合せのジャムも直輸入品だとか。

なお、このお店で出されている紅茶のリーフ、コーヒー豆の一部については小売もされており、店内で購入することが出来ます。紅茶は今のところリーフだけの販売とのことです。個人的には気軽に飲めるティーバッグが欲しいところですね。(と、要望を伝えておきましたw)

さて、店内の様子ですが、喫茶店とは思えないほど立派なテーブル&椅子が並べられています。リニューアル前には機材でいっぱいだったカウンターも整理され、お客さんが座れるようになっていました。茶器もちょっとリッチな感じのする茶器でした。

店内でひときわ目立つのが本棚。先ほど話をしたリーフ缶、コーヒー豆のパック、そして書籍がおかれています。書籍はエマ、シャリーを筆頭としたメイドさん関連の本を始め、いろいろなジャンルの本が置かれております。こちらは販売用ですのでご注意くださいませ。

気になるメイド服ですが、長袖ロングスカートのシンプルなエプロンドレスです。うーん、きちんとしたメイド服はやっぱりいいですねぇ(萌) 目を引くのはカチューシャではなく、キャップをしているところでしょうか。

お会計はカウンター脇のレジにて。今回は伝票を受け取った際にアンケートをお願いされたので、記入済みのアンケートと一緒に伝票を出して精算してもらいました。

今日はクリスマスと言うことで、精算の時に合言葉を言うとプレゼントとして紅茶のリーフ(銘柄はランダム)がもらえると言うことで、私も合言葉を言ってプレゼントを頂きました。銘柄はダージリンでした。

メイドさんも見たいけど、紅茶やコーヒーにもこだわってほしい! という贅沢なご主人様、お嬢様には是非ともお薦めしたいお店です。ヲタ臭(ぉ)もなく、とても雰囲気の良いお店なので、カップルで訪問するのも悪くないと思います。求む、相手_| ̄|○

最後に、とみん銀行前でチラシ配りをしていたメイドさん、寒い中お疲れ様でしたm(__)m

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
封印紙 (2005.12.26 (Mon) 21:50)

さすがにそこまでは払えないかなぁ。(^^;)<br>私のばやい、TWININGSで十分なヒトだから。<br>コーヒーもKYEくらいで文句言わないし。<br>お酒じゃないので(謎笑)上限は600円くらいまでだね。<br>なワケで(たぶん)29日はEmilyは爽やかにスルーしてフクロあたりに出没してるカモ。(笑

あぢの (2005.12.26 (Mon) 22:08)

確かにコーヒー、紅茶はそこそこで十分と言う方には、ちとお値段と言う名の敷居が高いかもです(^^;<br><br>はげ丸さんのレポによれば、サイトバールスタイル席(立ち飲み)であればエスプレッソが200円らしいのですよ〜<br>http://hagemaru.whitecafe.jp/maid2/emi2/emi2-1.html<br><br>……29日は池袋に張り込んでみようかのー(ぉ

[]

Count images by Ryp